Press "Enter" to skip to content

整理·整備した土地を工業団地

抜魂供養

売る場合はどうですか?不動産業者:まぁ買い手を見つけるのは難しいですが、見つかったとすると一戸建てで80万位ですね。私:売る時にはどんな費用が必要となりますか実家を処分する場合が多いので家財道具を全て処分する見積もりをお出ししていますが、不動産業者:番お金がかかるのが、家財道具の処分です。このところ相談にくる方は、大体200万円ぐらいです。私:売った金額では足りないのですか?不動産業者:中古で買ってくれれば御の字ですよ。
解体が条件なんて言われちやうと、断熱材に有害物質のアスベストな解体費が別に150万円ほど必要となります。古い建物ですと、専門家に見て貰わないと含有量は分かりませんが。んて使ってあると、処分費だけでも200万くらいは別途必要です。これは、私:処分するだけでも多くの費用が必要となるのですね。驚きました。

税理士さんに言わせると実家の空き家は資産じゃなくて負債なのだそうです。
不動産業者:そうですね。
持ち家戸建て住宅空き家問題の恐ろしさを実感してから妻と話し合い。私としては、相続時には相続放棄をするという結論に達しました。これからは、空き家の話で喧嘩する事はなくな夫婦仲良く暮らしてゆきたいと考えています。本当に空き家の話はもう飽き空き家。執筆者:るでしよう。YH00コラム実家を売却してマンションを買うという選択私は実家を売却して両親が賃貸住宅に住んで欲しいと願っていました。
売却したお金で両親が健康なうちに海外旅行などを楽しんでくれたらと思っていました。そして、その想いをご両親にお話したのですか?「不動産は先々値上がりするから、資産として不動産を相続させたい」はい、話をしました。しかし、両親の意見はというのです。
「家賃は保険の掛け捨てと同じで払うだけ損なので、賃貸住宅を借りるつもりはない」「自分たちが海外旅行などして楽しむよりも不動産を財産として残してそれにそしてあげたい」と考え方を話してくれました。
結局、両親に3つの選択肢から選んで貰って、実家を売ってペットのソックスと住めるマンションを買う方向に決まりました。それで、物件は見つかったのですか?子供の安全を考慮すると、同じマンションに住むことがベストだと考えて、

分譲マンションで賃貸部分もあるマンションを探してみました。
lLDKならば、予算内なのですが、「最低でも70㎡で2LDK,それくらいでないと今の家具も収まらない」言って首を縦に振りません。

戒名の希望はありますか?

両親はと、我々にとって都合のよい、駅徒歩圏の新築マンションは4,000万円台になってしまうので、新築はあきらめて中古マンションを探すことにしたのです。自宅の売却で手にできる1.700万円と自己資金の1,000万円で融資を組まずに買うことが出来る中古マンションの物件は、新築マンションを見た後では見劣りしてしまいますね価格も間取りも気に入って、リフォームの見積もりをお願いしたら予算オーバーで、購入をあきらめた事もありました。結局マンションを買って近居するという計画も断念しました。実家の近くにアパートを借りる完全に振り出しに戻ったのですか?はい。
両親は「我々は、家をバリアフリーにリフォームするので、お前たちは近くに引っ越してきてくれないか?」と、言ってくれました。駅までバス便ですから、同じ地域にはファミリー向けアパートが沢山ありますから、物件探しは簡単そうです。実家は、それにUR都市機構の担当者が「近いうちに、近居割ワイドというサービスを始めます」という言葉を思い出して相談してみました。

担当者の説明によると「これまで、同じUR団地内や半径2キロ以内の団地間の近居のみを対象としていましたが、UR団地とそれ以外の民間住宅での近居に対しても同じ割引を適用できるようにするという事」具体的とお聞きすると「親世帯が住む戸建て住宅持ち家の近くのUR賃貸住宅に子育て世帯が入居するケースなどを想定だそうで、しています」という事でした。
家賃が5年間5%割引というのは魅力なので、UR賃貸も候補として考えましたよ。実家のあたりは、不便な地域ですので、家賃も駐車料金も駅徒歩圏と比べると、割安で経済的には助かるのですが、通勤時間が長くなるのが問題でした。今よりも余計にかかることを覚悟しなければなりません。私も妻も30分くらいは、それが急に駅からバス便になるわけです。

実家の片づけなんて知りません現在の住まいは、駅徒歩圏で何をするにも便利なのですが、実家の建て替えで持家なら納得できますが。不便な場所の賃貸アパートに引っ越すとなると、即決は出来ませんでした。妻とは先延ばししながらどうしてもという時までゆっくり考えようと話をしました。土地のリースって何?どうすることになったのですか?このチラシに出会わなければ、実家の近くにアパートを借りていたでしょうね。実は、休日の朝の新聞折り込みで「土地のリースで家を建てませんか?」というこのチラシを目にしました。
土地のリースって何?という疑問を感じながら私達夫婦は説明会に参加しました。土地のリースとは、50年間土地を借りて家を建てるという事。業者さんに聞いてみると、正式には一般定期借地権というのだそうです。地代は払い続けるが自分の物にはならない。所有権でなければ興味ないと、という説明を聞き、参加者の多くは、会場を後にしました。しかし、私達夫婦は、引き続き残って話を聞くことにしたのです。
土地の面積は70坪で建物はフリープラン。保証金600万円と月々地代3万円。
土地の場所は、購入予定だった分譲地と同じ地域で、場所としては問題ありませんでした。アパートを借りる時の敷金と同じという事で納得できましたし、土地をリース出来る期間が終了したら家を壊して土地を返すのがルール。保証金についても説明を受け、いう業者の説明も合理的だと感じましたね。
住宅支援機構旧住宅金融公庫のフラット35を借りることが出来るという事。
フラット35については、低金利、ローンを借りる時の保証料なども融資は、全期間固定型、借りる側のメリットについて既に学習済みでしたので、不要と、好感が持てました。途中で建物とリース期間の残りの期間を売る事も出来る事。そして、建物を貸すことも可能と聞いて、益々、安心できたのです。決め手は期間内解約フリーというオプション番気に入ったのが期間内解約フリーという事です。
50年のリース期間内は、建物を壊して更地にして土地を地主さんに返せば、リース契約を解除できると

それは、いうオプションです。

勿論、その後の地代は支払う必要がなくなるという事でした。

ウサギ小屋に住む日本人

50年というと長い期間となりますから、家を使ってないのに地代だけを払い続ける負担を、子供たちにさせたくありません。家が不要になることも考えられます。自分たちが高齢になって施設に入所した場合も考えておく必要があります。そして、解体してリース契約を解除が出来るオプションは、家を使う必要がなくなったら、我々の不安に充分応えてくれました。前述の保証金600万円を返して貰えることも魅力でした。
解体して更地にするという条件ですが600万円あれそれに、リース契約を解除すると、期間内解約を選択するには、ば、普通に考えれば400万円程は、子供たちに遺すことが出来ると考えました。解体費としても充分足りる金額です。
リース期間内に契約を解約できるというオプションがないとどうなるのですか?

土地のリース契約で期間内解約フリーというオプションが書いてないと、ユーザーからは契約の解除ができないそうなのです。

残りのリース期間と建物を売却する事は可能ですが、空き家にしていても地代は支払い続ける事にな勿論、買い手がつかない場合にはリース契約は継続されることになり、りますユーザーからどうしても解約したいという申し出を行えば、「残りのリース期間分の地代をまとめて支払ってください」地主さんからと言われることもあるようです。

現金で払うことが出来なければ、保証金から差し引いてリース契約解除という事にもなりかねませんよね。この期間内解約というオプションが契約書に書いていないケースが多いという事を聞いて驚かされました。そして、リース契約の時に公証人の先生から説明して貰って納得しましたよ。しかし、「土地所有者は土地を50年間リースする義務があり、ユーザーに契約違反がない限り解約を申し出る事は出来ません。

食の生協そうする事でユーザーが50年間借り先生のお話ですとる権利を守ることが出来るのです。」「リースをしているユーザーは50年借りる義務がある。言い換えると地主さんは50年間地代を貰える権利がある」そう考えて頂くとと、法律は考えます。「期間内解約フリーの特約は、法律上は問題がありますがユーザーと地主さんが合意すれば、オプションとすること流石に元裁判官だった先生の説明は明快でした。それには可能です」と説明していただきました。
現在の土地のリース契約においては、東京都などの自治体が地主の場合は期間内解約のオプションがなく、個人の地主さんが貸す場合はオプションがある場合が多いそうです契約書には、期間内解約の申し出は1年以上前となっていますから、その間に返還する保証金の手立てをすればよいという事になります。契約期間内解約されたら更地になって戻ってくるわけですから、次のユーザーを探すことも選択できます。
個人の地主さんとしては、土地を売ることも、従って、期間内解約は地主さんにとって不利と考える事はないようです。自治体は土地のリース事業について、全体期間の賃料収入を計画書としてまとめる事でスタートをします。しかし、その為、途中で更地にして返還されては困るのです。
自治体が土地のリース事業をする場合は、直接の地主とならずに民間企業とリース契約をします。ユーザーの方は、自治体と契約するのではなく先述の民間企業とリース契約を締結する事になります。法律的には転貸というのですが、ユーザーは又貸しという意味です。賃料を、民間企業に支払う事になります。