夫から贈与されたお金

確実なら除外も可能。

この団信が気に入っている点は、ご夫婦のどちら一方の加入者が死亡または高度障害に状態になられた場合には、住宅の持ち分や返済額等に関わらず、残りの借入金が保険で支払われるために、返済義務がなくなります。デュエットに加入された私が担当したお客様はご夫婦そろって元気でいらっしゃいます。お話をお聞きすると住宅ローンの返済が不要となった後の人生を楽しむと仰っています。連れ合いよりも長生きしたいとお互いに健康管理に努どちらかが病となってもローンの返済が不要となればライフラインは守られますね。めていらっしゃいます。一緒に加入すればイーブンですね。
他の銀行からフラット35に借り換えてもデュ団信に入るか入らないか、妻の言い分、夫の言い分ですが。エットは加入できますよ。想いが叶う家づくり家の2世帯住宅取得大作戦「住宅ローンに縛られずに、人生をエンジョイしたい!!」という想いから土地のリースを選んださんに住宅取得について伺います。

さん。よろしくお願いいたします。
さんの年齢と職業と家族構成を教えて頂いてもよろしいですか?職業は中学校教師で33歳、知子は小学校教師で30歳。子供は3歳の博文です。私は、四郎と言います。
妻、ありがとうございます。

住宅取得を考えるきっかけは何でしたか?私の両親から「健康に多少不安があるので同居してくれないか?」という相談があってからです。「今のままの生活をエンジョイしたい!」私としてはが本音でした。ライフステージに合わせて住み替えることが合理的であると、今でも思っています。私は賃貸派で、一生賃貸暮らしで良いと考えていましたし、今流行りのシェアハウスといった暮らし方にも共感しています。さんはその考えを両親に伝えたのですか?,人息子ですから、いいえ。伝えませんでした。私は親と同居する日が来ることは、何時も頭の片隅にありました。
今思えば、持家よりも気軽でいられる賃貸を選ばせていたようです。その思いが、しかし、私は良いとしても、妻と親との同居について話し合ったことがありませんでしたので、妻に拒否された場合は、両親に断るしかないと覚悟していました。

近居妻に拒否される事を期待している自分もいました。その時は、最近はやりのを両親にも提案しようと考えていましたね。
ここだけの話ですが、同じマンションに住んで、我々は賃貸なんて想像もしましたよ。
同僚との飲み会に両親は分譲、家を買ってからローンに縛られて、趣味も出来なくなり、参加できなくなった寂しい姿の同僚を見てきましたから。
食の生協通勤時間が2時間という先輩もいました。その時間に勉強が出来るって言っていましたが、飲み会も先に帰ってしまうのですが、酔うと往復4時間の痛勤で、人生の半分は電車の中なんて半泣きでしたよ。妻から意外な答えが返ってきました2世帯住宅っていいよね「あなたはどちらかと言えば賃貸派だ両親との同居について、恐る恐る、妻と話をしてみると。と。続けてから言い出せなかったけれど、私はず~と持家に憧れているの」と。
沢山のパンフレットと本を見せてくれて、2世帯住宅は、玄関を別々にすると気兼ねなく暮らせると教えてくれました。妻が住宅展示場に行って相談しているなんて驚きでしたが、両親とも話し合い2世帯住宅の検討を始めることにしました。実家を3階建てに建て替えるプランさん。検討するにはどのように考えましたか?

2世帯住宅を建築する場合には、選択肢が3つありました。1つが実家を建て替える。
2つ目が実家を売って買い替える、そして3つ目が土地を買って、実家は人に貸す。
両親とも相談して全てを検証してから結論を出すことにしました。私は、さんはまずどちらの検証から始めたのですか?最初に検討したのは実家を建て替えるという事です。その場合も、妻が建築について情報を多く持っていているのは、両親との話し合いの時も好都合でした。実家を建て替えた場合のプランニングを、妻のお気に入りの住宅メーカーのSH社に依頼しました。早速、住宅メーカーは対応が速いですね。
.週間で提案書を作成して、営業の方が説明に来てくれました。
30坪の土地にビルトインガレージ付きの3階建て、外観も気に入りました。敷地の関係で建物を建築できる大きさは決まってきますので、私の夢の書斎と妻の希望の家事スペースやパントリー食品庫は採用できませんが、5人で住むには充分な広さです。妻の希望もあり玄関は各世帯別々になっています。
流石に、-流の住宅メーカーの提案は素晴らしいと両親と感心したのを覚えています。
ホームエレベーターも太陽光発電搭載というのも気に入りました。

不満な部分は駐車スペースが一台なので、不足分の2台を近くで借りることになる点です。

父が自分の車は処分しても良いと言ってくれていますが、小学校って交通の不便な場所が多いので妻の分はどうしても必要となります。調べてみると近くに月極め駐車場を借りる事は出来そうですので問題はクリア出来ました。建て替えの資金計画解体工事費·屋外給排水工事費に消費税を合わせて5,000万円でした。そして、住宅メーカーから見積もりを提出してもらうと。

建築費は、営業の方から「建物解体後に、地盤の測定をさせて頂きますが、調査結果によっては、基礎の補強費用が必要となります」という説明を受けました。幾らくらい掛かるのかと聞いてみると「補強工事には、基礎のベース幅を広げる、補強費用は、地盤を改良する、杭を打つといった方法があります。杭を打つ場合は、万円ほどかかると思います」説明してくれました。
と、2階建ての場合は、基礎の補強工事は必要になるのかと聞いたところ、この地域なら不要と言っていましたね。3階建てだと建物の総重量が増えるので基礎の補強工事は必要になる可能性が高いと説明してくれました。
妻の計算とほぼ合っていたので、両親と共にビックリ5,000万円の見積もりに関しては、しましたよ。!自己資金が両親から1,000万円と自分の自己資金300万円と合わせて、借り入れとしては3,700万円。

地域の役割

家賃を値下げします

住宅不足の時代
資金計画は、1,300万円で、返済計画書によると、借入先は住宅支援機構旧住宅金融公庫フラット35.月々11万円とボーナスでの返済は年21H115万円。返済期間は30年の全期間固定型で月々の返済は、営業の方の「月極め駐車場の費用は、発電した電気を電力会社に売ったお金で賄えますよ」という言葉はインパクトがありましたよ。この提案なら予算内に収まりそうです。両親の往復の引っ越し代と建築中の家賃もばかにならない。
それに両親が子供のように可愛がっている愛犬ソックスと仮住いする事が出来る貸しかし、建て替えとなると、家が近くにあるのか?という疑問は解消されませんでした。ソックス雑種女の子19キロ

※フラット35とはフラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローン。

融資条件建築費用100%融資も可能フラット35の特徴最長35年の長期固定金利住宅ローン資金のお受け取り時にご返済終了までのお借入金利、ご返済額が確定。保証料はかかりません。保証人も必要ありません。繰上げ返済手数料は不要。実家を売って、新たに土地を購入して建築するプランさん次に検討したのは、どちらの方法ですか?実家を買い替えるというのを検討しました。「駐車場3台と考えると敷地面積60坪は必要となります。最初に、土地の購入について、地域の不動産業者に聞いてみました。業者はこのあたりの土地の価格は坪60万円なので3,000万円の予算は必要です。」と。
説明してくれました。「家の価格はゼロとしても1,800万円位なら買い手がありますよ」合わせて、両親の土地建物が売却できる価格を聞いてみると。と。にこやかに話してくれました。人のよさそうな不動産業者さんで助かりました。
2階建て二世帯住宅ですと、外構·造園工事費など付帯工事費用を含めると概算で3,500万円(税込)の予算は必要との説明で建物の費用を住宅メーカーに聞いてみるとすから土地建物で7,100万円。
その他、土地を購入する為の不動産手数料、不動産取得税、登録免許税で200万円ほど必要となります。総額で7,300万円。1,735万円が手元に残ります。

書いていたかどうかわからない実家を売却した1,800万円から不動産業者の手数料65万ほどを引くと、この金額から売ったことに対する税金を引いた残りが本当の手残りですが、調べてみると買った時と売った時の差が3,000万円以内であれば税金はかからないことが分かり安心しましたそして、幸いなことに、実家の住宅ローンは父の退職金で返済済みでしたから1.735万円が手残りとなります。
この売却可能価格を告げると、「共稼ぎで一生かけて趣味も我慢してローンを返済してきて残ったのは、30坪の土地と古くなった家だけ!返済に追われて海外旅行す両親は自宅を売ることも承諾してくれました。

らしたことがない!」と嘆いていましたが、買い替えを選択する場合は、買い替えでの資金計画

買い替えでの資金計画はどうなりましたか?自分の自己資金300万円と、実家を売った手残り1,700万円と両親の自己資金1,000万円を合わせて、3,000万円を頭金として、4,300万円を住宅ローンで組む事になります。月々の返済は月々13万円でボーナス時18万円。
30年ローンを組むと、両親が元気なうちはローン返済の応援もして貰えれば大丈夫です。この程度なら夫婦で働いて、心残りは全体予算を抑えるために、しかし、エコ住宅をあきらめた事です。太陽光発電搭載も見送りました。それに、長期の返済計画と将来の親の介護も考えると、2人目の子供もあきらめようと、夫婦で決めました。
建物についは、私の夢だった書斎も妻の夢だった家事コーナーも我慢。延床面積を出来るだけ削って設備も最低限として設計打ち合わせも進んでいき、良い分譲地に土地も見つかって契約出来るところまできました。業者から、ご実家を売るなら是非欲しいという方がいるという報告も受けました。
親に自宅を売却したお金1,700万円と老後資金の1,000万円を使わせて、夫婦の家に対する夢もあきらめての2世帯住宅の計画に、しかし、疑問は残りました。
正直な話近居同じマンションに住むことも提案しようかとも考え始めていました。で、我々夫婦は同じマンションの賃貸であれば、雨にもぬれずにお互いの家を行き来でき、両親は家を売って、分譲マンションに買い替え、必要に応じて助け合うことも出来ますそのうえ多額の借入金返済に縛られて、身動き出来ない生活は受け入れたくない。

いろんなものをあきらめてまで、そんな思いを抱えていました。近居とは※自転車、徒歩など交通手段を問わずに、比較的気軽に行き来ができる約30分以内の近さに親世帯子世帯お互いがサポートしあい、車や電車、とが暮らす形。交流を楽しめる暮らし方です。働くむすめやむすこの子育てや生き方を支えよう、というのが育孫
3世代のよりよい暮らしのために提案する形です。そして、両親の自宅は賃貸するプラン新たに土地を買って、もう一つの選択肢はどうだったのですか?

実家を売らずに貸家にするという計画は、両親の自己資金が幾らになるか?いくらで貸せるか?という2点を確認土地を買って、実家は人に貸すという考え方ですが、する事からスタートしました。
「自宅を売却しない場合は、建て替えと同じで自己資金として1,000万円が限界。
自分達の老後資金が心配なのでそ両親に聞いてみるとそれ以上のお金を使ってしまうと、れ以上は出せない」という返事でした。「10万円位で貸せますが、リフォーム費用が掛かることと、資金計画の前に、貸家にした場合の賃料を不動産業者に聞いてみると入居者が途中で入らなくなる場合や賃料不決めた方がいいですよ」。払いなどの不安を理解したうえで、という説明を受け。
リスクはとりたくないという両親の判断で、建て替えと買い替えで結論を出すことにしました。
しかし、私のこれで本当にいいのか?という想いは、強くなっていました。妻に話をしてみると「私も、返済計画など現実を知ってみると、ブランも我慢ばかりだし疑問を感じている」と言っていました。妻は、友人からあなたは家を買って貰いなさよと助言を受けているそうです。妻の友人のご主人は、賃貸派で家を買うことなく他界。

端数は切り上げでー

兄弟姉妹にも相続させる

理由を聞いてみると、今後は「私が家賃を払い続けなくてはならない」し、高齢になった場合は、アパートに入るのも難しくなるからと、1LDKの分譲マンションを友人は探しているのだそうです主人が生前に買っていれば、ローンの借り入れは、主人の死亡でゼロになり、家賃の心配も不要。「あなどうしてもお金がいるときは売ることも出来たのに」。と言って、たは家を買って貰いなさいよ友人は強く言うのだそうです。と、奥様方の本音でしょうね生命保険でカバーする事も出来ると自分の考えを話してくれました。なるほど。と、納得しました。妻はと言っていましたが、「あなたが納得いかないなら無理して、家を持つ必要はない」言ってくれた言葉は嬉しかったですよ。
そして、と、同じマンションの別のフロアで暮らすそれからどうされたのですか?実は、もう一つの選択肢について検討することにしました。近居という選択です。考えてみれば両親の望みは、近くに住んで貰って安心したいという事でした。それは、一緒に暮らす事ではなくて、自分たちの想いをぶつけてみました。
私達は、両親に思い切って、両親に話した内容は、建て替え計画も買い替え計画にも納得できない。そして、多額のローンを長期返済することになるなら家はいらない。という2点です。
同居せずに近居について検討してみたいと告げると。両親は、「お前の気がすむまで検討した方が良い」と、しぶしぶですが納得てくれました。ご両親はよく納得してくれましたね。近居に対して、ご両親の希望はお聞きしたのですか?

はい。両親の条件は、ペット可で夫々の家が歩いて5分までで、孫が一人で行き来しても安全な地域であることの3点でした。

私が考える近居の選択肢は、3つでした。実家を売って、我々の賃貸マンションの近くに両親の分譲マンションを買う。実家を売って、我々と同じマンションに両親も部屋を借りる。実家を売らずに、我々と同じマンションに部屋を借りて、実家は貸す。両親にがベストと勧めてみたのです。
私は、UR都市機構の二世帯近居割にも興味がありましたので、二世帯近居割といいますと?同僚が最近利用したと聞いたので調べてみたのです。親世帯と子世帯がUR都市機構の同じ団地で同日にUR賃貸住宅の契約をすれば両家族とも家賃が5年間5%割引になるという制度。内容は、URの同じ団地でなくても2KM以内のURの団地であればこの制度は利用出来ますという事でした。

担当者に話を聞いてみると、「子育て、高齢者世帯を支援する方を応援するという目的で始めたサービスですが、UR都市機構の担当者は保育園不足と特別養護老人ホームの入所待機者の増加で家族の助け合いという考え方が広がってきていて好評なのです」と説明をしていただきました。
無借金の土地活用続けて担当者は「親世帯が既にUR機構の賃貸住宅に住んでいる場合でも2KM以内に子世帯が新規にUR賃貸住宅を契約すれば、子世帯は5年間5%割引を使っていただけます」と話してくれました。非常に合理的な制度なので気に入りました。賃貸派の私としては、それに、本音で言いますと実家を相続したくないと考えていました。空き家が全国に820万戸もあるという報道もされて社会問題になっていますよね。最近、820万戸という数字が大き過ぎてピントこないので、東京都の世帯数を調べてみると650万世帯位でした。
そういう風に考えてみて空き家問題の深刻さが認識できましたから、戸建でもマンションでも不動産は相続したくないと考えていました。あるコラムを読んでこの想いは強くなりました。そして、そのコラムをご紹介します。実家の空き家をどうするか?妻の言い分、夫の言い分。このところ妻との会話は実家の空き家をどうするか?だが、最後は何時も喧嘩になってしまう。
母は.人暮らしだったが、昨年特別養護老人ホームに入居した。年齢と介護度を考えても実家に戻ることは考えられない。近い将来に私と姉とで相続する事になる。
遠方に住んでいるので相続は放棄すると言っている。姉は、実家に住むこともないし、従って、私が実家を相続する事になる。

母の財産と言えば家だけで金融財産もない状況だ。我々夫婦でもめているのは、相続した実家をどうするのかという問題。「利用しないのに固定資産税を払い続けるのは経済的にも負担」妻の言い分は、になってしまう。

万が一『特定空き家』に認定されたりしたら土地の固定資産税が6倍になってしまったら支払いきれない。そして、そうならないためにも「早く現状を把握して手を打つ方が良いしほっといてはいけない。」特定空き家ってご存知ですか?という内容です。皆さん。

「空き家等対策に関する特別措置法案」昨年、12月3日にが国会解散直前に成立し、特定空き家は誕生しまし行政から特定空き家と認定されると解体勧告や固定資産税の減額がなくなってしまうというものです。ついすみか実家を相続してもすぐに住む気はないが、定年後に終の棲家としたい。特定空き家と認定されない様にリフォームし私の言い分は、思い出の沢山詰まった実家を残したい。「定年までの5年間は貸家にすれば、家賃から固定資産税を支払う事も出来るし収入を増やすのが良い」という内容です。
て、テレビやラジオから得た情報から危機感を持っているが、私はそんなに焦る必要はないし、所有していることが大変になったら売却すれば良いと気楽に考えていた。妻は、今年1月に中学校の同窓会があり、旧友と楽しい時間を過ごして久しぶりに実家の状況も確認してきた。妻との約束だったので、駅前の不動産業者に家賃相場などを聞きに行った。そこで聞いた話は私の想像をはるかに超える内容だった。
私:この辺で一戸建てを貸すと家賃はいくらくらいですか?ただでも借り手があればラッキーですね。不動産業者:そうですね。私:えーっ。ただですか?不動産業者:そうですね。
借り手がなくて管理を頼んでいる方が殆どです。私:管理を頼むと月々費用はいくらですか?不動産業者:月41万くらいが相場ですね。その他に草むしりを頼んだりする費用は別途かかります。私:そうなのですね。

遺留分の減殺請求権