Press "Enter" to skip to content

かせる通称(貸せる)ストック

遺産分割が容易にそして円滑に出来る事

当時の土地価格は坪100万円、土地5,000円と建物2,500円、合わせて7,500万円のグレードの物が、地代を月々3万円支払っても土地は自分のものにならな保証金1,500万円と建物2,500万円の4,000万円で購入できる。しかし、50年間という期間限定。メディアが注目した点は、このような条件で購入する人がいるのか?そして購入する人がいるとしたらどんな人か?でした。メディアは、予算がぎりぎりの人を予想していま購入者像が明らかになった時に、この制度は地主さんにも受け入れられるという事をメディアも確信しました。したが、社会的にも収入面も非常に恵まれた購入者を目のあたりにしたからです。
それは、

持ち家か賃貸か?妻の言い分、夫の言い分持家が得か?賃貸が得か?』というコラムは多くの方が書いていますね。私も楽しくそして電卓片手に興味深く読ませていただいています。それにしても要点が良くまとまっていますよね。
持家と賃貸を比較するとなると30年という長期にわたる損得勘定で、土地の価格や金利などの変動値が多くて計算も複雑なのに、凄い!分析がしっかりされていてといつも感心させられます。
私はそのような複雑な計算は得意ではないので、住宅メーカーの営業マンとしての経験から、別の角度から持家と賃貸について考えてみることにしそれは、妻の言い分、夫の言い分です。夫婦の考えは本当に同じですか?実は異なる本音分譲地の担当をしていた時期に感じた事は、持家と賃貸について夫婦で同じ考えの場合はハッピーだという事です。
反対に不幸なのは妻が持家派、夫が賃貸派といったケースです。それも、充分にお互いに話し合っていないケース。
相続発生後でも積極的な行動をし妻は、持家志向ですから新年には住宅展示場に夫を誘って家族で出かけてゆく。良い分譲地の情報があると週末には家族で相談会に参加する。と、持ち家志向でないですからレジャー気分でついて行く。ます。夫は、最近の住宅展示場は遊園地化していて、子供だけでなく大人も楽しめるイベントが盛りだくさんです。
例えば、ミーヤキャットエサやり体験、「かわいい動物関連ですと猫ちゃんとワンちゃんと一緒にあそぼう」、「コツメカワウソの愛いくるしい動作を観察しよう」、カンガルーの赤ちゃんとあそぼうなどです。
どんどん焼き焼きそばクレープの無料チケットが展示場を見学するともらえるというものです。
相続相談、「ライフプランの資金計画の食事系ですと勿論、個別相談」、法律相談家相相談といったお悩み解決型もあります。このようなイベントは、住宅展示場を運営する業者が行っているのです。出展している住宅メーカーが独自のイベントを行っています。一番ポピュラーなのがバス見学会です。
そして、私が勤めていた積水ハウスは、住まいづくりのことがまるごとわかる体験型ミュージアムの住まいの夢工場バス見学会を毎月開催していました。
家づくりの不安や疑問を体験しながら丸ごと解キャッチコピーはお客様の私も営業マン時代は、多くのお客様をご案内しましたよ。お客様アンケートに「断熱性能及び防音、外壁の耐衝撃実験、外壁の耐火性能の実験や妻の関心の高い収納を考えるコーナーや防犯対策の体験が出来て大変満足しました。御社のスタッフのおもてなしに感謝します。御社なら一生に一度の我が家の住まいつくりを安心して任せる事が出来ます。
」なんて書いていただいて感激したのを覚そして、えています。
ズバリ!お客様にファンになって頂き他社との競争を回避して契約からお引渡しまでスムーズに進める事です。企業の狙いは、

それには、お互いの信頼関係が最も重要なのです。

法定更新

少しの行き違いもミスも信頼関係があれば大きなトラブルとなることはないのです。私の知識と経験で言わせてもらうと、住宅展示場に出展している企業の工法木質パネル工法、は、在来軸組み工法、枠組み壁工法2×2工法、軽量鉄骨造、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造と違いはありますが、耐久性や耐震性と居住性は大きな違いがありません。
各住宅メーカーの方が自社の構造上の特徴などを正直言いますと起業後は、熱く説明してくれますが構造については殆ど関心がないのです。啱宗さん、お住まいを計画中のお客様を是非当社にご紹介ください。当社は外張り断熱ですから住まいを柱の外部からすっぽりと全体を包んで断熱するので、安定した高い断熱性·気密性が実現出来ますそして、こちらはもういいよという顔をし営業の方は熱く続けます。

地産池消当社は外張り断熱ですから夏·冬を通して壁体内も室内と近い環境になり、室内との温度差が少なくなります。その為、壁体内の結露の可能性も少なくなりますなるほど素晴らしい説明だとは思いますが、耳はお休み状態です。興味のない事をいくらお聞きしても右から左に抜けていってしまいますよね。
簡潔に説明してくれると「この営業の方ならお客様を紹介しても問題解決をして貰える人」としてインプットされるのですが、カタログに書いこちらが関心のある事を、てある事を丸暗記して説明していただいても自分にとって都合のよい人としてインプットはされないのです。相続土地活用コンサルタントの私が営業の方にお会いする時は、その方の強みは何かという事がとても気になります。
「私のお客様の問題を解決私にとって最大の関心事は営業の方がどんな能力を身に着けているか?問題解決の為にどんな人脈を持っているのか?」できる技能として、という事なのです。「お客様から東京都内の空き家の実家を建て替えたいという相談を受けたので協力して欲しい」というご連絡をお受けしました。
先日、税理士の先生から実家の土地は旧借地権で住宅を賃貸住宅に建て替えたいという内容です。旧借地権で住宅として建て替えるには、住宅の建て替えでも簡単ではありません。これは大変に難しい問題です。

柔構造理論

地主さんの承諾が必要となりますが、今回のケースは、住宅を賃貸住宅に建て替えるという事ですから地主さんの承諾を得るのはさらに難しくなります。借地の権利者はそこに住まずに収益事業をするという内容ですから、地主さんから咱宅として使わないなら土地を返し賃貸住宅を建てるという事は、てくださいと言われても文句は言えません。たとえ地主さんの承諾を頂けたとしても、最大の問題は融資です。旧借地権の土地に賃貸住宅を建築した場合に、融資が可能な金融機関は少ないです。金融機関が融資をする場合は担保至上主義です。
融資が焦げ付いて借地権と賃貸住宅を売却しようとしても、もし、地主さんの承諾を得られる保証がない事で担保評価としては低くなってしまうのです。税理士の先生のお話を聞きながら一人の営業マンの顔が頭に浮かびました。この人なら解決できるスキルと人脈を持っているので、お客様の希望叶える可能性が高いと先生

にお話ししました。
先生からお客様は地主さんとアポが取れるという事と、お客様のご職業が歯医者とお聞きし、高い確率でお客様の想いを叶える事が出来ると確信しました。その後、実際に賃貸住宅は完成しました。
旧借地権の条件変更にともなって地主さんへの承諾料の交渉も上手くまとめ、金融機関の融資も旧借地権のみでの融資を実現してこれって凄い事なのです。くれました。「建築地だけでは担保不足ですからご自宅の敷地も担保にとらせてください」普通に考えると、金融機関からと言われて仕方なく応じる事になるのです。空室時でも賃料が保証されるサブリースが条件となりましたがその部分もクリアしてくれました。

勿論、建築地だけの担保で融資をする前提条件としては、お客様が住まいつくりをどこに頼もうかと悩んだ時に誰の顔が頭に浮かぶかが勝負なのです。少し、話がそれてしまいましたがここでお伝えしたいのは、それでは、顔を頭に浮かべていただける様にするにはどうするのか?住宅展示場や企業ごとのイベント会場にはお子様が飽きないよう遊具も設置し、屋台も用意されていますよね。
「この担当者は自分にとって都合の良い人、ちょっと気恥しい事でも相談しやすい一緒に何かを食べたり、一緒に住まいに関する体験をしたりします。
その時にお客様からという印象を脳にインプットして貰う事が重要となります。
分割払い人、問題を解決してくれる人」「お子様の心をとらえた会社が勝利者になる」最近住宅業界では、と言われています。それ以外にご夫婦は沢山の会社から自社のセールスポイントを聞き、少子化の影響で子供の意見を大事にするという考え方もありますが、イベントに参加する事で各社の違いも分からなくなってしまうというのが現実なのです。笑い話のようですが、鉄骨系の住宅が気に入っていて、契約して着工したら木の家だったなんてこともありましたよ。工事現場で木の軸組を見ながら営業担当もお客様もその場で笑ってしまうしかないですね。
なぜこんなことが起こるのかというと、家づくりに関して最初は構造などを研究しながら選択してゆきますが、最後は人で選ぶことになるケースが多いのです。